永代供養にはどんな種類があるのか

バナー

永代供養にはどんな種類があるのか

永代供養とは、お墓参りが出来ない人やお墓参りしてくれる人がいない場合に、お寺や霊園が代わりとなって永代にわたって遺骨を管理・供養していくシステムのことを指しています。


お寺などの管理者が管理・供養してくれるので、独身の人や子供がいない人や身内が少ない人なども安心してお骨を納めることが出来るのです。

遺骨は三十三回忌まで個別に管理された後、合祀されるのが一般的です。

永代供養は個別の墓石を建てるのに比べて、費用をかなり抑えることが出来るのが利点です。


しかし、永代供養と一言で言ってもその種類は様々で、いくつかに分けることが出来ます。
まず1つ目は屋外型です。

これはさらに、合祀型と納骨壇型と納骨塔型の3つに分けられます。


合祀型は前方後円や墳丘の形をした所にすべての故人のお骨を集合的に埋葬しているものです。

納骨壇型は、サイズの大きい石材などで造られた遺骨を納めるための施設です。

今探すならこちらのBIGLOBEニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

そして納骨塔は、石材を使った塔型モニュメントで地下に遺骨を納めるものです。

2つ目は屋内型です。


屋内型は霊廟型やロッカー型が一般的です。

霊廟型とは上段に仏壇が設置されており、その下段に骨壺を納める形式になっています。

ロッカー型は、ロッカーのように同じ型の棚が多数置かれている中に、それぞれ個別で故人の遺骨が納められているものです。
そして3つ目は、墓石型です。

永代供養情報は初心者にも分かりやすいです。

これは一般のお墓のように墓石がある状態で一定期間供養し、期間が過ぎたら合祀されるものです。

このように永代供養には様々な種類が存在するので、その中から自分たちの望む型の永代供養を選ぶことが出来るのです。



Copyright (C) 2016 永代供養にはどんな種類があるのか All Rights Reserved.